高専キャリア教育研究所

高専生の価値、高専生のキャリア、高専生のモノづくり、高専生のプロジェクトについて情報発信するブログです。

高校生/大学生と「日本にスタンフォードを作るには?」の対話をしました。

本日も午前中は梨農家を満喫しながら、午後はPower of innovation (POI)の同窓会イベントに参加させていただきました。

f:id:ryukan1983:20180826191126j:plain

※一玉1kgの幻の梨「稲城梨」

 

POIは、日経新聞社からスピンアウトした「(株)教育と探求社」が主催するイノベーション教育プログラムです。全国の中高生+高専生が集い、企業が出題するリアルな社会課題を解決するために2泊3日の間徹夜を惜しまず活動します。

powerofi.jp

こういったプログラムに参加した方ならわかると思いますが、「まだ社会に触れておらず、世界が自分の身の回りだけ」という中高生の発想力とパッションには驚くべきものがありますよね。

続きを読む

180826_高専キャリア教育研究所の活動記録

高専キャリア教育研究所社長のりゅーかんです。

この1週間で5名の高専生/高専卒業生にインタビューしたのですが、圧倒的に記事を執筆する余裕がありません。

f:id:ryukan1983:20180818190300j:plain

※インタビュー後に行ったら閉まっていた秋月様

 

では、今週も週報を公開させていただきたいと思います!

今週の印象的な出来事

「高専キャリア全国大会」具体化され始める

「高専生/高専卒業生」と「スタートアップ/ベンチャー」の交流イベントを企画しているのですが、10/14に六本木のフリークアウト本社をお借りして開催することが決定致しました!ドリコム時代から親身に高専愛を受け入れてくださる金さんに全力で感謝です!

www.fout.co.jp

また、この企画のコンセプトに共感し、共催という形で支援してくださる企業も複数決まっています!全国の高専生/専攻科生/編入生にスタートアップ/ベンチャーのラブコールをお届けできるよう、きっちり段取りを進めていきたいと思います。9/1の告知開始を予定していますので、みなさまご協力/ご参加のほどお願い致します。

高専愛代表としてTEDxの登壇が決まる

来年の話ですが、豊橋技術科学大学で開催されるTEDxToyohashiUTの講演者としてお誘い頂きました!TEDxは、本家TEDからライセンス許可を得て開催される派生系のプレゼンテーションイベントで、ToyohashiUTでは『Surf the future = 未来の波に乗る』というテーマで様々な方が講演する予定です。技術科学大学は高専卒業生が大量に進学することで有名で、「高専について語ってもらうならりゅーかんさんじゃね?」という流れでご招待頂いたようです。後輩に頂いた偉大なチャンスなので、スーパープレゼンテーションになるように準備していきます!

www.ted.com

学生の就活相談に衝撃を受ける

悩まし過ぎて眠れない相談を受けました。

というのも、中学生の頃からロボコン界隈で活躍し(昨年"世界"優勝)、現在では社会課題を解決するためのプロダクト開発(複数コンテストで受賞実績あり)や、企業との共同研究をゴリゴリ推進している子に、「就職した年の年収を1,000万円にするのが足元の大きな目標なのです。」と言われたのです。

グローバルで活躍するべき素質と実績を持つ若者が、「年収1,000万円もらえるかなぁ。」と悩むことは、ある意味社会的な機会損失だと僕は思います。オトナのみなさん、この子に素晴らしいオファーを出せる企業はありませんか?

 

当社のスタンス

会社のミッション

「高専生を、もっと挑戦者に!」

当社の事業活動の作戦名

「高専スタンフォード化計画」

「高専所得倍増計画」

興味のある方はこちらの資料をご覧下さい。

180818_経営戦略概論.pdf - Google ドライブ

 

現状共有:高専特化型キャリア支援事業

メディア運営

kosen-career.tech

KPI:記事数50@9月末

インタビューが10名を突破しました!僕のパワー不足でインタビュー出来ていない人や、新たにご紹介していただいている人もいるので、まだまだ沢山の人にインタビューできそうです!一方で、記事執筆の時間がないのが悩みです。ライターを雇うにも(雑談的にお話しした内容を妄想で会話形式の記事に仕立てるという)暗黙知的手法で作業をしてしまっているので、とりあえず今週は死ぬ気で残インタビューを記事化します。

キャリアイベント

KPI:10月に検証的イベント開催

日程、会場、コンテンツ概要が決まってきました!共催企業やスポンサー企業も決まりつつあるので、9/1の告知開始に向けて粛々と準備を進めていきます。

 

ではでは、来週もみなさん頑張っていきましょう!

180818_高専キャリア教育研究所の活動記録

高専キャリア教育研究所社長のりゅーかんです。

最近は妻の実家の梨が実り始め、梨農家のお手伝いに勤しんでいます。

f:id:ryukan1983:20180818155352j:image

 

最近、本当に様々な人と話しながら仕事ができており充実しています。でも、バタバタしていて情報発信が不足していることに気付き…基本的に会社の情報はオープンにしておきたいと思っているので、週報という形で世間にも公開させていただきたいと思います!

今週の印象的な出来事(今回はここ2週間)

日経新聞社の取材を受ける

日経新聞社でスタートアップを担当する記者の方からご連絡を頂き、就活担当の方も交えて高専生のキャリアや価値についてお話させていただきました。日本の就職シーンでは、「非大卒(中卒、高卒、専門卒、短大卒、高専卒など)のキャリアパス」に対する興味関心が世の中で生まれていることを知ったのですが、高専は大卒/院卒を超えるイノベーター養成所だという主張をさせていただきました。もしかしたら、日経新聞の「高専はすごい!」シリーズの担当記者にも会えるかも?

※高専機構じゃなくて当社にアプローチが来るのは何故なのか…

続きを読む

【イベントレポート】d.school for kosen 第一回全体会議(180610)

2018年6月10日(日)に、第一回となるd.school for kosenの全体会議を行いました。

4名の精鋭で高専の未来について語り合ったので、振り返りと情報共有を兼ねてレポートさせていただきます。

f:id:ryukan1983:20180610105044j:plain

イベント目的

高専専門のクラウドファンディング「Hello world project」を立ち上げて約半年。当社は、全国の学生と交流しながら高専生のプロジェクトを支援し、社会に高専生の価値をアピールすることに成功してきました。

昨年初めにブログに書いた通り、Hello world projectの背景には「d.school for kosen」という構想があり、その中で出来ることから始めたのがクラウドファンディングプロジェクトでした。

ryu-kan.hatenablog.com

続きを読む

高専キャリア教育研究所のスタンスについて

高専関連のニュースが増え、スタートアップ界隈が高専生に注目し、とても嬉しいと思うりゅーかんです🎉

 

さて、最近、CAMPFIREのコンテンツとしてやらせて頂いているクラウドファンディングhello worldや、高専界隈のプロジェクトを統合する活動であるd.school for kosenなどを立ち上げてきて、いくつかの質問を学生から受けたのでまとめて回答します。

 

お金取ってるの?

 

…これがタダなんだな!

学生からお金を頂くことは、成功報酬を含め当社では一切ありません。「高専生を支援するために高専卒メンバーを主軸に運営される当社が、学生の支援のために学生からお金を求めるなんてクソダサい」というのが理由です。

続きを読む

最近の進捗と「d.school for kosen」立ち上げ

高専ツイッター界隈で有名になりつつあるりゅーかんです。


4月から環境変化があったみなさん、5月病は無事に乗り越えられそうですか?

人生長いので、無理せずのんびりと生きていきましょうね。

 

最近の活動①:Hello world第4弾スタート!

昨年からCAMPFIRE社と共同運営している高専専門のクラウドファンディングサイト「Hello world project」で第4弾のプロジェクトがスタートしました!

camp-fire.jp


プロジェクト名:高専マガジン

プロジェクトリーダー:大久保和樹さん(鈴鹿高専/春から休学中)

プロジェクト概要:「高専生は、エンジニアだけが人生じゃない」をコンセプトに、全国の非エンジニア高専生を取り上げるメディアプロジェクト

続きを読む

高専専用のクラウドファンディング「Hello world」のお話

気温が低くブログ更新出来ない病だったりゅーかんです。

春になったので執筆再開します。

高専専用のクラウドファンディング、始動

昨年の12/15に高専専用のクラウドファンディングを立ち上げました。

クラウドファンディング「CAMPFIRE」が高専キャリア教育研究所と共に、若手のプロダクト開発を支援する「Hello world project」運用開始 | 株式会社CAMPFIREのプレスリリース

国内最大級のクラウドファンディングを運営するCAMPFIREとコラボする形で実現したサービスです。馴れ初め的には、昔出入りしていたDMM.makeで知り合ったクリエイターが『高専とCAMPFIREは相性がいいから』と言って紹介してくれ、高専生のプロダクト開発力を世に伝えるためのプラットフォームを作りたいという話で盛り上がり、この企画が実現したという流れです。

続きを読む