読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りゅーかんの高専キャリア教育論

高専生の価値、高専生のキャリアについて議論するためのブログです。

若者にとっての「働く」意味〜世代間における就労観変化の考察〜

りゅーかんのひとりごと

副業マスター兼キャリア教育研究家のりゅーかんです。

先日ご縁があって副業イベントに登壇しました!プレスの人も結構注目するイベントだったんだけれど、りゅーかんはまぁまぁいいトークをしてたらしい。

crowdworks.doorkeeper.jp

で、イベント後にとある雑誌の編集者の人と話をしていて言われたんだ。

  • みなさん副業と言いながら社会的に意義のあることを志向していますよね
  • それって実は、地元のサッカークラブのお手伝いをする父親のような、社会貢献と近しい感覚なのかも知れませんね
  • 若者世代はみんなそういう考え方で働いているのですかね?
続きを読む

「高専はハッカー養成機関」という大胆な仮説

りゅーかんのひとりごと

高専卒業生の活躍について企業の人に聞くと、

  • とにかく現場力がすごい、大学生(院生含む)より全然レベルが高い
  • 自分で勝手に考えて仕事してくれる

みたいな評価を必ずと言っていいほど言ってもらえる。それはITベンチャーのエンジニアの評価だけではなく、大手メーカーでも同じだ。どうやら、巷の工学部では旋盤の使い方をマスターさせたり、自然言語処理の演習問題がさらりとぶん投げられたりはしないみたいだね。しかも、活躍している人は必ずしも工学をベースにした仕事はしていなかったりする。営業、企画、マーケティング、経営、いろんなところで高専卒の先輩は活躍しているんだよね。

続きを読む

目の前の機会を生きる人に会って、生物学的人生観を思い出した話

りゅーかんのひとりごと

東京高専特別客員准教授(2016年度限)のりゅーかんです。

昨年たまたま会って、なんか気になるなぁと思っていた人と先日再開して人生やキャリア観について話しいたんだけれど、すごく面白かったから共有しながら考察してみる。

目標なんてなくていいさ、気づけば後からついてくる

その人はある時から

「目標を決めて、そこを目指してステップを登って生きてく」

ことを辞めて、

「目の前の機会を逃がさず摑まえることで人生を切り拓く」

生き方に変えたんだって。

Bump of chickenな生き方だよね(古い?)

続きを読む

2016年の活動まとめとd.school for Kosen構想

活動報告

東京高専特別客員准教授(今年度限定)のりゅーかんです。昨年の今頃、高専向けのキャリア教育について考えるためにこのブログを立ち上げました。

ryu-kan.hatenablog.com

この1年で高専界隈の様々な人に出会い、そして学生に対してキャリアのあり方について話す機会を沢山頂きながら勉強してきました。「高専生とは一体何者なのか?」「これからの高専生は社会でどのように羽ばたいていくべきなのか」について行動を伴いながら考えてきたので少しまとめたいと思います。

続きを読む

【りゅーかんの仕事の流儀】仕事において重要な「カオスと構造」のバランスについて濱口秀司さんを参照しながら考えてみた

りゅーかんのひとりごと

3行でまとめると

  • 世の中の現象はカオスと構造の間にある
  • 仕事においては両者のバランスの取り方が重要
  • 構造化された組織においてカオスを生み出すには

カオスと構造

科学的な定義
続きを読む

【秋田高専 機械工学科 ‘72年卒業】【大手重工、中小企業も経験し、55歳でフリーランスに】

高専卒業生のリアルなキャリア

執筆:2016年5月(畠中豊:64歳)

高専に入ったきっかけ

中三の時父親に末期のガンが見つかり、どうやら長くないと診断された様でした。母親が、担任に相談したらしく、進路相談では高専進学を進められました。自分では特に進路を考えては居ませんでしたが、機械いじりが好きだった事と、何しろ授業料が高校より安いと言われて決めました。学科は迷わず機械でした。受験勉強は一切しませんでしたが、担任がくれた業者テストは真面目に解いていた様な気がします。

続きを読む

【一関高専 機械工学科 2006年卒業】 【今は有機農法×除草ロボット開発×SNS展開で農業の未来を考えています】

高専卒業生のリアルなキャリア

執筆:2016年5月(30歳)

今やっている事

  • 有機農業現場検証
  • 有機農業における自走式除草ロボットの研究開発(産学官連携、コーディネーター)
  • 地元の農協青年部、SNS展開担当

はじめに

まず、私の記事をご覧頂きありがとうございます。ブログの性質上、私の人生の過去の話に終始していますが、大切なのは未来の話です。それについては、フェイスブック等でりゅーかんさんを通じて読んで頂いた皆さんと、これから交流していけたらなと思っています。よろしくお願いします。

続きを読む