高専キャリア教育研究所

高専生の価値、高専生のキャリア、高専生のモノづくり、高専生のプロジェクトについて情報発信するブログです。

高専カンファレンス新春 in 大阪に参加しました

1/12開催の高専カンファレンスに参加してきました!

 

とりあえず公式

kosenconf.jp

高専カンファレンスとは?

常時下を向く限界高専オタクが集まって限界LTをするイベントです。

全国の高専生が集まって、想い想いのLTをしたり交流したりするイベントです。毎年全国各地で開催されているので、高専生に触れ合いたい人はぜひ参加しましょう!社会人も高専と関係のない人でもOKです。

りゅーかんは前々からプレゼン枠で申し込みしていたのですが、前日の仕事が終わらみでかつ翌日は都内でイベント運営という過酷なスケジュールでの参加となりました。

どんな会だったの?

今回の高専カンファのテーマは『猪突猛進』でした。

トップバッターののむのむさんが量子コンピュータの原理について数学的講義を初めて、初速から会場は阿鼻叫喚の嵐でした。

多くの人々が「高専=エンジニア」と思っていると思いますが、そんな予想を我々は遥か銀河の彼方に置いてけぼりにします。LTテーマは「女装の話」「デザインの話」「民主主義の話」「アプリを作った話」「DevOpsの話」「セキュリティの話」「高専を辞めたい話」などなど、非常に多様で面白いLTが繰り広げられ高専生の裾野の深さと人外の限界オタクっぷりを実感することができました。

 りゅーかんは何を話たの?

「社会からお金を集めて湯葉(上澄み層)の高専生にお金をばら撒く居場所と機会とお金を提供する」という感じのお話をしてきました。「高専生を、もっと挑戦者に」というミッションのもと、クラウドファンディング、キャリアメディア、キャリア教育イベントなどこれまでやってきた活動と、AI-conやハッカソンやキャリアマッチングサイトなど、今後の活動についても色々と高専生に約束してきました。学生との約束ドリブンで進捗を出すのが我がチームなので、みんな乞うご期待で待っててね!

みんなどんな感じだったの?

参加者が死ぬほどブログを書いているので、こちらで雰囲気を感じ取ってください。

nomunomu.hateblo.jp

ymgn.hatenablog.com

rikitosama.hatenadiary.jp

chirarhythm.hatenablog.com

fukuno.jig.jp

chige.hatenablog.com

 

potyama.hatenablog.com

itha-2ca.hatenablog.com

https://blog.millenary.net/archives/115

 

「ブログを書くまでが高専カンファ」とのことで、みんなきちんとレポートを提出するの偉いですね。

写真も公開されているのでご覧下さい。

https://photos.google.com/share/AF1QipPIsxH7SwUe66j3NetILzCCezMt6itp_WMIJCKmpFRPcj1SBDeJI0tUwiIwOunotw?key=cVRTakFydTI5TFViZnllV1F5NzlKVk9qYVdoejd3

 

最後に

高専生に限った話じゃないけれど、最近の若者は本当に本当に優秀で、僕は一瞬でこの子たちに追い抜かれるだろうと思いました。それまで頑張ってキャリア支援をしたいなと思うので、今後とも界隈勢の各位はよろしく対戦お願いします!

第二回 高専キャリア全国大会開催レポート

りゅーかんです。

今年最初の大規模高専イベント『第二回 高専キャリア全国大会』が1月5日(土)に開催されました。前回から3ヶ月と経たない中でのスピード連続開催でしたが、一言で言うと最高に盛り上がりました!ブログを書くまでがイベントなので、こちらに運営としてのレポートをまとめたいと思います。

第二回 高専キャリア全国大会 集合写真

第二回 高専キャリア全国大会 集合写真

 

どんなイベントを開催したのか?

今回のイベントは「進捗を生み出す高専生のプレゼンテーション」というテーマで実施しました。進捗を生み出す活動的な高専生が集まり、それぞれの活動や今後のキャリアプランについて熱く語ってもらいました。基本的にTwitterのみで集客したのですが、北は函館から南は北九州まで、全国の高専生/専攻科生/編入生/卒業生25名からのプレゼン応募をいただくことができました。

kosen-zenkokutaikai.strikingly.com

で、サイトを見ていただくとわかりますが、とてもじゃないけど半日で終わる数ではなく、当初10分で予定していたプレゼンテーションを5分のLTに短縮する形でなんとか押し込めました。「10人くらい来たら嬉しいなぁ。」と適当に募集をかけたりゅーかんは本当に反省して下さい。

 

こちらが驚愕のタイムラインです。

第二回 高専キャリア全国大会_タイムライン.pdf - Google ドライブ

 

どんなコンテンツだったのか

最初にFSC(ファイヤーサイドチャット)を行い、卒業生社会人、高専の先生、そしてYahoo!の新卒採用に携わっていた方によるキャリア議論が行われました。先生が開口一番哲学の世界に入り込んだり、大企業で働く卒業生がキャリアの選択に後悔を抱えていたり、「自分の人生自分で決めろ」というパワーワードが飛び交ったりと、序盤からハードコアな展開で場を暖めていただきました。

第二回 高専キャリア全国大会 FSC

白熱するFSC

その後、怒涛の進捗プレゼンタイムとなり、各自が思い思いに進捗やキャリアプランを話してくれました。参加者のブログやスライドがあるので、そちらを以って報告に代えさせていただきます。

note.mu

kubokubokun.hatenablog.com

ymgn.hatenablog.com

kotanin0.hatenablog.com

blog.shun-ichiro.com

 

nomunomu.hateblo.jp

11bigstone.com

mwc922-hsm.hatenablog.com

kvinnoiroiro.hatenablog.com

akkiy9312.hatenablog.com

www.slideshare.net

 

みなさん本当に素晴らしいプレゼンをしてくれたので序列はつけたくなかったのですが、賞品を出すと言ってしまったので運営チームで議論してMVPを決めました。

第二回 高専キャリア全国大会 いささか

推薦就職の真実に気付くいささかさん

怒涛のプレゼンが終了した後は魔剤片手に懇親会を楽しみました。オタク特有の生暖かい盛り上がりが高専らしくていいなって思いました。

 

どんな事件があったのか

いくつか大事件が起こりましたね。参加者のみなさんでは書きづらいものもあると思うので運営チョイスで事件簿をまとめます。

東京高専の大先輩、Twitterを知らないためスマホを見つめる学生に喝を入れてしまう

FSC開始から5分で突然手を上げたのは東京高専史上初のプロコン優勝者。「こうやって大切な話が行われてる最中になんでスマホ見てられるかなぁ。今日はパソコンとスマホを閉じてしっかり話を聞きましょうよ!」と一喝!

しかしっ!!彼の背後にはタイムラインが流れており、むしろFSC登壇者もTwitterしながら議論を進めていたのです(爆)

先輩の名誉のために補足しますが、大先輩はTwitterを使ったことがなかったそうです。だから、参加者のみんながゲームでもしていると思ったのでしょう。その後、誤解が解けて本人はかなり反省しておりました(笑)

Twitter授業すら行ってきた当社の運営一同も完璧に凍りつく、当日一番の事件となりました。

BearTail vs マネーフォワード

東京高専卒でBearTailのエンジニアとして活躍する坂上さん。スポンサープレゼンで自社のPRをバッチリ決めてくれたのですが、目の前に座って聞いていたのはなんとマネーフォワードのCTOと人事部長(爆)Fintechの雄が高専イベントでぶつかり合うクールな展開となりました。ちなみに、懇親会時にPRトークの時間を設けた際も、マネーフォワードの人事部長の話の後に坂上さん。「マネーフォワードさんは非常に素晴らしいアプリを作っている会社だと思います。でもBearTailにはBearTailの良さがあるんですね。」と臨戦態勢を崩さず、自社のプライドを一身に背負っていてカッコよかったです!

誤って希望者全員に交通費を全額補助してしまう

当初は「プレゼンターは交通費全額補助」「見学者は上限1万円」で設定しようとしていたのですが、サイト編集の際にりゅーかんがミスを犯した結果、「交通費は全員全額支給」ということになっていました。学生の指摘で気付いたもののあとの祭り。鬼の応募状況に驚愕して募集を打ち切ったものの、スポンサーにいただいたお金を孫正義ばりの大胆さで交通費に突っ込むことになりました。まぁ、それがきっかけで来てくれた学生も多かったのでよしとして下さい(ダメです)。

 

企業の方々は満足していました?

めちゃ楽しんでくれました!

昨日はありがとうございました!
めちゃ良いイベントで刺激になりました。
今後ともよろしくお願い致します🙇‍♂️

 

昨日はありがとうございました!
想像をはるかに超える楽しいイベントでした😊
次回もよろしくお願いします!

 

学生のLTほんと良かったです。

僕がフリークアウトいる限りずっと会場貸すので次回もぜひ!

 

高専生を愛する企業の方からのご連絡、お待ちしています!

 

次回はいつ開催ですか?

次回は3月に開催します!

また、「今年中に3回開催する!」と学生に約束したので、春、夏、冬の長期休みは毎回高専キャリア全国大会を開催することになりました。学生の運営メンバーも募集していこうと思うので、引き続きみんなで盛り上がっていきましょう!

 

現場からは以上です!

 

 

 

開催概要レポート

参加人数

 約70名

進捗プレゼンター

 24名

企業スポンサー

 7社

 

181031_高専キャリア教育研究所の活動記録

高専キャリア教育研究所社長のりゅーかんです。

公開週報を試みていたのですが久しぶりの投稿になってしまいました…。

f:id:ryukan1983:20181014151906j:plain

※高専生のプレゼンに拍手する松尾先生@東大教授

 

色々と活動していたので、モリモリで進捗報告させていただきます!

進捗報告

第一回 高専キャリア全国大会開催!

f:id:ryukan1983:20181031211342p:plain

やりました!

高専生に、ワクワクなキャリアパスを

というスローガンのもと、高専生/専攻科生/編入生/卒業生/保護者/教員/高専機構などなど、総計50名くらいの方々が集まるイベントとなりました。活動的な学生8名による10分間のプレゼンタイムがメインだったのですが、みなさん実力派でかつプレゼン上手で感動しました!

f:id:ryukan1983:20181014142455j:plain

※学生LT部門で優勝したおえいさんの「納期駆動開発」

f:id:ryukan1983:20181014155512j:plain

※活躍する卒業生と未来のキャリア教育を考える方々のパネルディスカッション

f:id:ryukan1983:20181014171632j:plain

※コカコーラで懇親会の乾杯

記録として残すと、高専生/専攻科生として函館高専、仙台高専、長岡高専、産技高専、木更津高専、長野高専、沼津高専の学生が、編入生として東大、東工大、東海大、阪大の学生が、保護者として奈良高専のお母様が、学校側は東大教授、東京高専教員、高専機構の方が、企業の先輩としてYahoo!、スタートトゥデイテクノロジーズ、富士フィルム、NTTデータ、などなどの方々にお越しいただきました。会場提供は、日本屈指のITベンチャーであるフリークアウト様にご快諾いただきました。

10回くらいやったら全国高専のプレゼンを制覇できそうだし、とにかく楽しかったので、3ヶ月に1度くらいの頻度で開催したいと思います!

ディープラーニング×ロボティクスを極める「ai-con」準備開始!

やることにしました!

f:id:ryukan1983:20181031213435p:plain

とある東大の先生と出会ったのですが、「高専生の現場力は東大でも最高クラス」「日本のが世界に誇るモノづくりと、ディープラーニングを掛け合わせる挑戦を高専生としたい」という話になり、AIコンテスト「ai-con」を立ち上げるために尽力することとなりました!

ティザーサイトを公開したところ、40名を超える学生のエントリーをいただけました。これはもうやるしかないのです!ナショナルクライアントをスポンサーに迎え、ロボコン、プロコン、デザコン、セキュコンを超えられるような、偉大なコンテストを生み出します!

決算しました!

株式会社高専キャリア教育研究所は、2017年10月に設立し、決算月を8月に設定しました。あまり考えていなかったのですが、決算を迎えた会社は経理的な作業をして税金を払わなくてはならないのですね。そんな知識のないりゅーかんは死ぬのかと思ったのですが、助け船のナイス税理士様のお力をお借りして無事に決算を終え、きちんと税金を納付して参りました。

今後の予定

第二回 高専キャリア全国大会

Twitterで学生に約束してしまったので、1月5日に第二回を開催します!今回は強力なスポンサー企業のご協力を得られそうなので、みんな楽しみにしていて下さい!

ai-con具体化

1月に告知開始、3月からの始動を目指して各所と調整をしています。高専生の価値を社会にアピールするために、必ずや実施に漕ぎ着けます!

高専キャリアの進化構想

更新の滞っている「高専キャリア」ですが、記事の追加をガンガン進めていきます。また、様々な高専や企業の方々と話た結果を踏まえ、「年収300万円」「学歴差別なし」「通年採用」といったコンセプトで企業を選別したメディアに進化しようと構想しています。結構開発を入れたいので誰か手伝って下さい!

kosen-career.tech

ボードメンバー招聘

ライフワークとして始めた高専キャリア教育活動も早5年が経ちます。昨年になんとなく会社として設立したこの会社ですが、上記のように学生に喜んでいただける活動を沢山できるようになりました。そろそろ、「りゅーかんのプライベート活動」を超える必要があるため、イケイケの高専卒業生を中心にボードメンバーを招聘することにしました。契約等の準備をしている最中ですが、最高の仲間を5,6人集めて、チームとして「高専生を、もっと挑戦者に」するための活動に尽力していきたいと思います。

 

 

長い報告となりましたが、今後とも高専生の素敵なキャリアのために生きていきたいと思います!

高校生/大学生と「日本にスタンフォードを作るには?」の対話をしました。

本日も午前中は梨農家を満喫しながら、午後はPower of innovation (POI)の同窓会イベントに参加させていただきました。

f:id:ryukan1983:20180826191126j:plain

※一玉1kgの幻の梨「稲城梨」

 

POIは、日経新聞社からスピンアウトした「(株)教育と探求社」が主催するイノベーション教育プログラムです。全国の中高生+高専生が集い、企業が出題するリアルな社会課題を解決するために2泊3日の間徹夜を惜しまず活動します。

powerofi.jp

こういったプログラムに参加した方ならわかると思いますが、「まだ社会に触れておらず、世界が自分の身の回りだけ」という中高生の発想力とパッションには驚くべきものがありますよね。

続きを読む

180826_高専キャリア教育研究所の活動記録

高専キャリア教育研究所社長のりゅーかんです。

この1週間で5名の高専生/高専卒業生にインタビューしたのですが、圧倒的に記事を執筆する余裕がありません。

f:id:ryukan1983:20180818190300j:plain

※インタビュー後に行ったら閉まっていた秋月様

 

では、今週も週報を公開させていただきたいと思います!

今週の印象的な出来事

「高専キャリア全国大会」具体化され始める

「高専生/高専卒業生」と「スタートアップ/ベンチャー」の交流イベントを企画しているのですが、10/14に六本木のフリークアウト本社をお借りして開催することが決定致しました!ドリコム時代から親身に高専愛を受け入れてくださる金さんに全力で感謝です!

www.fout.co.jp

また、この企画のコンセプトに共感し、共催という形で支援してくださる企業も複数決まっています!全国の高専生/専攻科生/編入生にスタートアップ/ベンチャーのラブコールをお届けできるよう、きっちり段取りを進めていきたいと思います。9/1の告知開始を予定していますので、みなさまご協力/ご参加のほどお願い致します。

高専愛代表としてTEDxの登壇が決まる

来年の話ですが、豊橋技術科学大学で開催されるTEDxToyohashiUTの講演者としてお誘い頂きました!TEDxは、本家TEDからライセンス許可を得て開催される派生系のプレゼンテーションイベントで、ToyohashiUTでは『Surf the future = 未来の波に乗る』というテーマで様々な方が講演する予定です。技術科学大学は高専卒業生が大量に進学することで有名で、「高専について語ってもらうならりゅーかんさんじゃね?」という流れでご招待頂いたようです。後輩に頂いた偉大なチャンスなので、スーパープレゼンテーションになるように準備していきます!

www.ted.com

学生の就活相談に衝撃を受ける

悩まし過ぎて眠れない相談を受けました。

というのも、中学生の頃からロボコン界隈で活躍し(昨年"世界"優勝)、現在では社会課題を解決するためのプロダクト開発(複数コンテストで受賞実績あり)や、企業との共同研究をゴリゴリ推進している子に、「就職した年の年収を1,000万円にするのが足元の大きな目標なのです。」と言われたのです。

グローバルで活躍するべき素質と実績を持つ若者が、「年収1,000万円もらえるかなぁ。」と悩むことは、ある意味社会的な機会損失だと僕は思います。オトナのみなさん、この子に素晴らしいオファーを出せる企業はありませんか?

 

当社のスタンス

会社のミッション

「高専生を、もっと挑戦者に!」

当社の事業活動の作戦名

「高専スタンフォード化計画」

「高専所得倍増計画」

興味のある方はこちらの資料をご覧下さい。

180818_経営戦略概論.pdf - Google ドライブ

 

現状共有:高専特化型キャリア支援事業

メディア運営

kosen-career.tech

KPI:記事数50@9月末

インタビューが10名を突破しました!僕のパワー不足でインタビュー出来ていない人や、新たにご紹介していただいている人もいるので、まだまだ沢山の人にインタビューできそうです!一方で、記事執筆の時間がないのが悩みです。ライターを雇うにも(雑談的にお話しした内容を妄想で会話形式の記事に仕立てるという)暗黙知的手法で作業をしてしまっているので、とりあえず今週は死ぬ気で残インタビューを記事化します。

キャリアイベント

KPI:10月に検証的イベント開催

日程、会場、コンテンツ概要が決まってきました!共催企業やスポンサー企業も決まりつつあるので、9/1の告知開始に向けて粛々と準備を進めていきます。

 

ではでは、来週もみなさん頑張っていきましょう!

180818_高専キャリア教育研究所の活動記録

高専キャリア教育研究所社長のりゅーかんです。

最近は妻の実家の梨が実り始め、梨農家のお手伝いに勤しんでいます。

f:id:ryukan1983:20180818155352j:image

 

最近、本当に様々な人と話しながら仕事ができており充実しています。でも、バタバタしていて情報発信が不足していることに気付き…基本的に会社の情報はオープンにしておきたいと思っているので、週報という形で世間にも公開させていただきたいと思います!

今週の印象的な出来事(今回はここ2週間)

日経新聞社の取材を受ける

日経新聞社でスタートアップを担当する記者の方からご連絡を頂き、就活担当の方も交えて高専生のキャリアや価値についてお話させていただきました。日本の就職シーンでは、「非大卒(中卒、高卒、専門卒、短大卒、高専卒など)のキャリアパス」に対する興味関心が世の中で生まれていることを知ったのですが、高専は大卒/院卒を超えるイノベーター養成所だという主張をさせていただきました。もしかしたら、日経新聞の「高専はすごい!」シリーズの担当記者にも会えるかも?

※高専機構じゃなくて当社にアプローチが来るのは何故なのか…

続きを読む

【イベントレポート】d.school for kosen 第一回全体会議(180610)

2018年6月10日(日)に、第一回となるd.school for kosenの全体会議を行いました。

4名の精鋭で高専の未来について語り合ったので、振り返りと情報共有を兼ねてレポートさせていただきます。

f:id:ryukan1983:20180610105044j:plain

イベント目的

高専専門のクラウドファンディング「Hello world project」を立ち上げて約半年。当社は、全国の学生と交流しながら高専生のプロジェクトを支援し、社会に高専生の価値をアピールすることに成功してきました。

昨年初めにブログに書いた通り、Hello world projectの背景には「d.school for kosen」という構想があり、その中で出来ることから始めたのがクラウドファンディングプロジェクトでした。

ryu-kan.hatenablog.com

続きを読む