高専キャリア教育研究所

高専生の価値、高専生のキャリア、高専生のモノづくり、高専生のプロジェクトについて情報発信するブログです。

高専専用のクラウドファンディング「Hello world」のお話

気温が低くブログ更新出来ない病だったりゅーかんです。

春になったので執筆再開します。

高専専用のクラウドファンディング、始動

昨年の12/15に高専専用のクラウドファンディングを立ち上げました。

クラウドファンディング「CAMPFIRE」が高専キャリア教育研究所と共に、若手のプロダクト開発を支援する「Hello world project」運用開始 | 株式会社CAMPFIREのプレスリリース

国内最大級のクラウドファンディングを運営するCAMPFIREとコラボする形で実現したサービスです。馴れ初め的には、昔出入りしていたDMM.makeで知り合ったクリエイターが『高専とCAMPFIREは相性がいいから』と言って紹介してくれ、高専生のプロダクト開発力を世に伝えるためのプラットフォームを作りたいという話で盛り上がり、この企画が実現したという流れです。

どんなプロジェクトが生まれているのか?

現状では3件のプロジェクトが動いており、社会の支援を受け見事に目標を達成しています!

camp-fire.jp

最初のプロジェクトは、木更津高専生が祖父のために作ったiot罠です。このプロジェクトでは、支援者の中に猟師の方がいてプロジェクトをお手伝いして下さったり、沢山の高専卒業生のご支援も頂き目標金額に対して251%の大達成となりました。また、リターンとして実施した現場見学会では、木更津の大自然を満喫しながら支援者と語り合え大変盛況でした。

camp-fire.jp

2件目のプロジェクトは、仙台高専専攻科の3人組が社会課題解決のために起業するストーリーです。彼らは「SNSが日常化した結果、リアルコミュニケーションがなくなっている」という課題意識を持ち、それを解決するためのアプリを開発しています。この春に学校を休学して起業する彼らの案件にも、43名から60万円弱の支援が集まり118%達成となりました。

camp-fire.jp

3件目のプロジェクトは、長岡高専のスマート農業チームが稲作の湿度・温度管理をIoTで実現しようとするものです。リーダーの安原君はロボカップジュニア世界大会で優勝した実力の持ち主で、このIoTプロダクトも、高専プロコンや起業家甲子園など、様々な場所で表彰されています。

なぜ、クラウドファンディングをやるのか?

hello worldのコンセプトは「高専生のプロダクトをもっと世に!」です。優れたプロダクトを作れる技術者としての高専生、熱意を持つ若者としての高専生。その価値を、もっと世に問いかけることで、社会に価値を提供しながら学生のキャリア教育に取り組むことが出来るのではと、私は考えています。

まだまだプロジェクト実績は少ないのですが、hello worldから生まれるご縁の力で各プロジェクトがグングン推進されたり、ツイッターで「こんなことやりたいです!」とDMを送ってくれる学生がチラホラ出始めたりと、確かな手応えを感じています。

また、各プロジェクトには社会の第一線で活躍する高専卒のメンター達がサポートで入っており、クラウドファンディングだけでなく、事業開発全般に対して責任を持ち伴走しています。無償奉仕となるこの活動に優れた先輩達が巻き込まれてくれていることが、高専らしいと思うと共に心から感謝しています。

どうやって始めればいいの?お金かかるの?

Hello worldを始めたい人はりゅーかんまで一言声を掛けてください!

支援に際して学生にお金を請求するは一切ありません!!

twitter.com

 

さぁ、みんなで高専の未来を創って行きましょう!